新陳代謝

汁だけでなくしじみの身も食べるメリット

シジミ汁といえば、シジミのお味噌汁ですが、シジミの成分と味噌の成分が作用しあって非常に身体にとっていい効果をもたらしてくれるといわれています。
しじみだけでも、うまみ成分が豊富に含まれていますので、シジミの味噌汁だけでも充分美味しいものですが、身にも栄養分が豊富に含まれていますので、小さな身も是非一緒に食べたいところです。
そのシジミの旨みとなっているのは、豊富に含まれているアミノ酸です。

シジミのアミノ酸は非常においしいのですが、それだけではなく、お酒が好きな人にとっても強い味方となってくれます。
お酒をついつい飲みすぎてしまって、二日酔いになった日の朝食には、シジミの味噌汁がいいというのは、昔からよく言われていることです。
さらに、シジミの味噌汁と一緒に梅干しも口にすると、梅干しに含まれているピクリン酸という成分が、肝臓の機能を高めてくれて、アルコールを身体の外へ排出させる効果があるため、相乗効果がえられるのです。
二日酔いの朝には、ごはんと梅干し、シジミの味噌汁という日本食がとても身体にいいといえるでしょう。

しじみが含んでいる栄養分はアミノ酸だけではありません。
レバーに匹敵するほどの鉄分やビタミンB12も含まれていますので、お酒が好きな人だけではなく、貧血気味の人にとっても是非口にしたい食べものなのです。

ちなみに、蜆の味噌汁を食べる際に、しじみの身を食べる人と残す人がいますが、割合としては、汁だけ飲んで身の部分は食べないという人のほうが多いのではないでしょうか。
確かに、シジミの味噌汁の汁の部分にうまみ成分http://www.roadrunnercampground.com/taste.htmlであるアミノ酸などが溶け込んでいますので、シジミの身は出し殻のようなイメージを抱いている人も多いようです。
しかし、シジミの身にも豊富な栄養素は多くふくまれているので、是非食べて頂きたいものです。
シジミの身はあさりhttp://tokyo-apparel.ivory.ne.jp/05.htmlのように大きくないですし、身が食べにくいと思っている人も多いようですが、せっかくの豊富な栄養素を含んだシジミをまるごとhttp://xn--68jc1j637ljlperisv6b.com/oisii.html食べないと、もったいないと言えます。